外科矯正

美容整形じゃなくてもできる外科手術併用の矯正治療

専門医との連携で行う治療に「外科矯正」があります。外科矯正は、手術を併用する矯正治療ですが、一般的な矯正歯科では治療しきれない難症例や、あごの骨格改善にまでも対応します。独自の専門医ネットワークを確立した永田矯正歯科だからこそ可能な治療です。

美容整形を超えた治療

外科矯正で扱う症例の一部

[ 治療例1 ] 受け口のため顎が出ています。最も多い外科矯正症例です。あごのラインを整え、受け口を改善させました。

[ 治療例2 ] 口元が前方に突出し、あごは後退して首とつながっています。あごを手術で前に出し、矯正にて歯の前突をなくしました。

外科矯正で扱う症例は、不正咬合が歯そのものだけではなく、あごの骨格的な問題にまで及んでいるものです(顎変形症)。
大まかに言えば、あごが小さい・へこんでいてあごが無い、またはあごが出ている・しゃくれている、などで、それによって出っ歯、受け口等になっており歯ならびも悪い場合が多いのです。
これらの症状は、『美容整形で大金をかけないと改善できない』と考えられている方がほとんどです。しかしこれらは『医院・病院』 で『治療・手術』が可能なのです(外科手術、矯正治療とも保険適用)。

さらに、美容整形で行う手術は、例えばあごが小さければシリコ ンを挿入、あごが大きければその部分を切る、という具合で、多くの場合併発している『歯列不正』の根本問題はまず改善しません。

永田矯正歯科が専門医ネットワークを利用して行う「外科矯正」は、噛むという機能の改善という一番の目的に、美容整形が行う見た目の改善を付加します。
そもそも、体にメスを入れる行為ですから、見た目や機能に問題があるのであれば、手術によって改善されなければならないのであり、見た目だけがよくなっても、身体としての問題は何も解決していないことになります。

外科矯正の代表的治療例

外科矯正の代表的な治療例を2例ご紹介します。

症状下あご後退、上下顎前突、乱ぐい、開咬

1. 治療前の状態

上下顎前突、乱ぐい、開咬に加え、小顎症(あごが小さい)をかかえておられ、来院されました。

当院のみで行う矯正治療では、歯並びを整え、噛み合わせを改善させることは可能ですが、それではあごの変形はそのままですし、矯正治療だけでは改善にも限界があることをお伝えし、外科手術を併用して顔立ちも変える方法があることをご説明したところ、外科矯正を選択されました。

2. 手術に備えての術前矯正治療
手術に備えて、当院にて前段階の矯正治療を行います。最初の来院から約半年後の写真です。歯並びだけを見ると、これだけでもかなり改善しています。
手術は入院が必要になりますので、お仕事や学校の都合に合わせて行うことになります。
3. 外科手術
いよいよ専門医の病院であごの骨を出す手術です。
外科手術には必ず院長永田も立ち会います。
手術は数時間で終了、入院はその後2週間でした。
術前(写真上)/術後(写真下)でこれだけ口元とあごのラインが変わりました。
4. 仕上げの術後矯正治療
手術後、仕上げのための矯正治療を約半年行い、口元がさらにすっきりしました。歯並びも最初の状態が信じられないほどにきれいに改善し、ご本人も大変満足されていました。
手術リスク等を考えて、あごの状態はそのままで矯正治療で歯並びだけを整える治療(本来の問題が解決されないためカムフラージュ治療と呼びます)を選択される方もいらっしゃいます。
十分なカウンセリングによりご希望にあった治療をご提案します。
治療前
治療後

受け口の治療例(上あごより下あごが大きい骨格性要因)

症状受け口

1. 治療前の状態

上の前歯がすいている(空隙歯列)のと、受け口(反対咬合)であごが出ているのを気にして来院されました。写真は初診時の状態です。

上あごに対して下あごが大きい骨格性要因の受け口であるため、矯正治療だけでは限界があることをお伝えしました。
矯正治療と外科手術それぞれの仕上がりをコンピュータでシミュレーションしながらお話しし、骨格の問題も解消する外科矯正を選択されました。
2. 手術に備えての術前矯正治療
手術に備えて、当院にて前段階の矯正治療を行います。最初の来院から8ヶ月後の写真です。目立たない透明な審美ブラケットを使用しての治療です。
手術は入院が必要になりますので、お仕事や学校の都合に合わせて行うことになります。
3. 外科手術

いよいよ院長永田も立ち会いのもと、専門医の病院で外科手術です。
受け口の外科手術は外科矯正の中でも最も多い症例ですので、専門医の経験も大変豊富です。
手術は数時間で、入院は2週間でした。
術前(写真上)/術後(写真下)で一気に受け口が解消しました。
4. 仕上げの術後矯正治療
手術後、仕上げのための矯正治療を1年行いました。あごが出ていたのが無くなり、正面から見たあごのラインもシャープになって小顔になりました。歯並びも大変綺麗になっています。
他の矯正患者さんにも言えることですが、治療前と治療後では、笑顔が全然違います。治療が完了して屈託のない笑顔を見せてもらえた時、それは医師としても大変嬉しい瞬間です。
治療前
治療後

※外科手術を併用した矯正治療を行うと、顔立ちまで変わる(改善する)ことがよくあります。しかしこれはあくまで咬合機能不全の治療の結果として得られるものであり、顔立ちを変えるために手術を行うことはできません。また、手術に伴うリスクもありますので、納得いくまでご相談の上、治療法選択を行って下さい。

治療費について

外科矯正は矯正・手術とも保険適用となります。

  • 矯正治療:保険適用にて患者様負担は約30万円(症状により異なります。)
  • 外科手術:高額療養費制度適用にて患者様負担は8〜9万円(*)

高額療養費制度は患者様の年齢や世帯所得により適用される額が異なります。詳しくは社会保険事務所にてお尋ねください。手術、入院が月初め〜月末にて完了されるものとして表記しています。

外科矯正の手術提携医院

専門医ネットワーク

永田矯正歯科では矯正治療だけでは対応できない難症例の治療のために、口腔外科の専門医と連携して、より安心な治療を行っています。

大阪けいさつ病院

大阪けいさつ病院

大阪でも屈指の口腔外科のある病院です。院長永田が現在も非常勤医師として勤務いたしております。

詳細ページへ

NTT西日本大阪病院

NTT西日本大阪病院

こちらの歯科・口腔外科では、外科的な矯正治療に力を入れられています。今までも多くの患者様をご案内しています。

詳細ページへ

こんな理由で当院をお選びいただいています。
・学会認定の矯正専門医だから安心 ・様々な矯正治療法を選択できる ・治療に帯する料金が適切
詳しくは、5つの約束ページをご覧下さい。

初診予約・お問い合せ

初診相談のご予約、初診予約の受付状況については診療日カレンダーをご確認の上、お電話でご連絡ください。初診でご記入いただく問診票を事前にご準備いただけます。

ページ上部へ